ICloud + Private Relay は一部の国では利用できません

iCloud

いつものように、XNUMX時間近くかかるプレゼンテーションで、 ティム・クック 彼のチームは、今年更新されるすべてのデバイスのさまざまなソフトウェアに組み込まれるすべてのニュースに頭髪で説明することはできません。

そのため、それぞれの詳細を読むのを待って、それぞれの新しい機能とその長所と短所についてより深く理解する必要があります。 今のところ、それらの「小さな文字」には、すでに奇妙なものが見られました。 iCloud + 一部の国ではご利用いただけません...

Appleは昨日の基調講演で発表した WWDC21 新しい iCloud + サブスクリプション サービス。 この新しいサービスの特徴の XNUMX つは、ユーザーの Web ブラウジングを隠すのに役立つプライベート リレー技術を使用していることです。 への声明で ロイター通信社、Apple は、この機能が中国を含む特定の国では利用できないことを確認しました。

同社は次のことを確認した «プライベートリレー»今年後半に一般公開されると、中国では利用できなくなります。 また、ベラルーシ、コロンビア、エジプト、カザフスタン、サウジアラビア、南アフリカ、トルクメニスタン、ウガンダ、フィリピンでも利用できません。 Apple は、これらの制限を各国政府の規制上の理由に帰しています。

«プライベートリレー» (プライベート再送信) は、ユーザーが Web を閲覧するときにプライバシーの別のレイヤーを提供するように設計された機能です。 VPN で使用されるものに似たシステム。

Appleは、ブラウジング時に次のように説明しています サファリ 将来のソフトウェアでは、「プライベート リレー」により、ユーザーのデバイスから送信されるすべてのトラフィックが暗号化され、ユーザーと訪問先の Web サイトの間の誰も、Apple やプロバイダーのユーザー ネットワークでさえもアクセスして読み取ることができなくなります。 すべてのユーザー リクエストは、XNUMX つの個別のインターネット リレーを介して送信されます。

最初は、ユーザーに 匿名IPアドレス 地域によって異なりますが、実際の場所ではありません。 XNUMX 番目は、訪問したい Web アドレスを復号化し、宛先に転送します。 この情報の分離により、ユーザーのプライバシーが保護されます。これは、ユーザーが誰で、どのサイトにアクセスしたかをエンティティが特定できないためです。

最初のリレーは、 アップルサーバー、そしてXNUMX番目は 外部オペレータ従った ロイター通信社. Apple は、使用しているサードパーティの通信事業者を明らかにしていませんが、ロイター通信は、同社が詳細を後で明らかにすると述べています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。